【メディア掲載】堺市北区に、子どもも保護者も安心できる学童保育「小さな森の学童」がオープン!

堺市北区に、子どもも保護者も安心できる学童保育「小さな森の学童」がオープン!



子どもたちのちょっとした悩みや思いに耳を傾け、小さな変化に気付いてケアする学童サービス。8月末まで2回1,000円で利用できるキャンペーン実施中!


プレスリリース配信日:2021年8月6日 16時20分

PR Times プレスリリース本文はこちら


小さな森の学童株式会社(本社:大阪府堺市北区、代表取締役社長:松野 恵利香)は、増加する子どもの精神疾患の問題を解決を目指し、子どもたちの悩みやちょっとした変化に気付きケアする学童保育「小さな森の学童」を堺市北区にオープンしました。


※小さな森の学童株式会社は、社会起業家のプラットフォームカンパニーである株式会社ボーダレス・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田口一成)のグループ企業です。


「小さな森の学童」をはじめた理由


以前は、子どもは精神疾患にかからないと言われていました。

しかし、18歳以下の精神疾患患者数は28万人近くと年々増え続け、小学生の発症も珍しくない状況になっています。


子どもは自分の状況を客観視したり、悩んでいることを言葉にして助けを求めたり、自分で環境を変えることができません。そんな状況を変えるため、子どもたちひとりひとりの様子に徹底的に目が届く人、時間、場所を備えた学童保育を作りました。

子どもたちの悩みやちょっとした変化に気づいた場合、家庭、学校などとも連携を取り、精神疾患を患う前にケアすることが大切だと考えています。


子どもたちが安心して過ごせる場にするための3つの特徴


【1】ひとりひとりと向き合える少人数制

ひとりひとりとしっかり向き合い、それぞれのやりたいことを叶えられるよう、定員21人、子ども最大7人に対してスタッフ1人という業界でもトップクラスの人数配置で運営します。


【2】2週間に1回の”ふたりじかん”

2週間に1回、スタッフと2人で過ごす時間を設け、やりたいことをいっしょに叶えられる時間を作ります。わたしたちがちょっとした変化に気づけたり、子どもたちがちょっとした悩みなどを気軽に話せる関係性を作るためにも大切な時間です。


【3】一軒家の落ち着ける環境

大人目線の利便性ではなく子どもたちが落ち着ける環境づくりを優先するため、一軒家で運営しています。





保護者の方に安心して預けていただけるように


■通常19時、最長21時までお預かりします

お忙しい家庭の方にも安心して利用いただけるよう、最長21時まで開室しています。


■いざという時の食事サービス

ご希望あれば延長利用時に食事の提供をいたします。

夏休みなど終日利用日は手作りの昼食を提供予定です。


■今日あったこと、全部お伝えします

今日ここでどんな風に過ごしていたのか、どんなお話をしたのかご利用日は必ずお伝えします。宿題をここまで終わらせてほしい、お家で気になる様子がある…そんなこともぜひお気軽にお伝えください。


■利用状況にあわせた料金プラン

民間学童の相場の5~​6割の料金設定で、週1~、単発などさまざまな料金プランをご用意しています。




ご利用者の声

「LINEで様子を教えて頂いたり、子どももとても楽しそうな様子で大変満足しています。前日までの連絡で預かって頂けるシステムも助かります。」


「食事もおいしかったし、新しい友だちもできて、あと1,000回通いたいと言っていました(笑)写真もたくさん送っていただいてありがとうございます。」


「フルタイムで働いていて、もう少し長時間仕事がしたいけど、19時以降預けられる場所がなくて仕事を制限していました。ここまでしっかり見てくれるなら安心して預けて仕事ができます。」


「大規模の学童は人数多く、ゆったり落ち着けている様子じゃなかった。とはいえほかに子どもを見てくれる人もいなかったけど、ここは家みたいな環境で落ち着いて過ごせていたみたいで安心できます」



夏休みキャンペーン実施中

8月31日まで1,000円(税込)で2回、小さな森の学童をおためしいただくことができます。

※ランチ、おやつも付いています。


主に、東三国丘小学校、三国ヶ丘小学校、東浅香山小学校、新金岡小学校などの校区、小さな森の学童までお子さまひとりで来室可能なエリアに通われている方のご利用をお待ちしています。


【お問い合わせ先】


住所: 大阪府堺市北区南長尾町5丁2-12

Email:info@chiisana-mori.jp

電話:080-7205-2835


代表者コメント



子どもたちは思いを言葉にできなかったり、伝え方がわからなかったり、良いことも悪いことも気づかないうちに溜め込んでしまうことがあります。

「小さな森の学童」はそんなちょっとした悩みを話せたり、ちょっとした変化に気付ける場所を作りたい、という思いでつくりました。



人員配置、スペース、スケジュールの設計などひとつひとつこだわり抜いて、子どもたちが自分のペースで過ごし「これやりたい!」を叶えられる工夫を盛り込んでいます。子どもたちにとって、第2の家のような場になれるよう、そしてご家族のみなさまとも連携し、子どもたちがより安心して過ごせる場を作っていきたいと思います。